MSK機能

機能による4つの型 ゼロ・バックラッシュ安全クラッチMSKシリーズの使用にあたっては、タイプに関わらず必ず 近隣センサー、リミットスイッチで、切り離しを検出して下さい。
原点復帰型(Wタイプ)
図面

標準タイプ
  • 過負荷トルクが取り除かれると、 切り離された位置で正確に再連結。
  • 遮断時に、信号の検出可能。
  • 正確な原点復帰が必要なあらゆる機械装置、 工作機械、梱包機械、自動機に最適。
  • 切り離し・遮断ができる速度は、 3,000 min-1以下の場合です。
  • 正転(CW)逆転(CCW)どちらでも可能です。

インデックス型(Dタイプ)
図面

  • 過負荷トルクが取り除かれるとただちに復帰する。
  • 復帰する位置は、60度ごと6ヶ所のタイプが標準。
  • 30度ごと、45度ごと、90度ごと、 120度ごとの復帰位置もオプションとして可能。
  • 切り離し・遮断ができる速度は、3,000 min-1 以下の場合です。
  • 正転(CW)逆転(CCW)どちらでも可能です。

負荷保持型(Gタイプ)
図面

  • リフト装置やプレス機械などの垂直軸に最適。
  • 過負荷トルクにより、安全クラッチ内のボールと ソケットのかみ合い機構は外れるが、空転しないで、 一定の角度回転後負荷を保持する。
  • 過負荷トルク時に、負荷を保持する機構を保証。
  • 移動リングの動きを、近接センサやリミット・スイッチで検出し、 信号として取り出す。
  • 過負荷トルクが取り除かれると、自動復帰する。
  • 切り離し・遮断ができる速度は、3,000 min-1以下の場合です。
  • 正転(CW)逆転(CCW)どちらでも可能です。

フリー・ホイール型(Fタイプ)
図面

  • 過負荷トルクによって、 駆動軸と被動軸は完全に切り離されます。
  • 近接センサ、リミット・スイッチで切り離し時の信号を取り出すことができます。
  • 残留トルクはありません。
  • 再連結の位置は、60度ごとに可能です。他の角度での再連結位置はオプションで可能です。
  • 切り離し・遮断ができる速度は、 カップリングの速度に無関係で、 3,000 min-1以上の回転の過負荷の遮断には、 このタイプをご使用ください。
  • 正転(CW)逆転(CCW)どちらでも可能です。

※Fタイプの再連結は、手動で行いますので、取扱説明をよく読んで手順に従ってください。