MELS2

       
       

MELS2 タイプ エラストマ・カップリング

特 長: 過負荷保護装置として、信頼性が高い。
全長が短い。
ゼロ・バックラッシュ。
ミリ・セック(0.001秒オーダー)で切り離し。
切り離し時の移動リングの動きが明確。
エラストマで軸方向からの取り付けが可能。
材 質: トルクリミッタ部;防錆処理済みの熱処理済み鋼。
D1のクランプ・ハブ部;呼びトルク450Nmまでは高張力アルミ合金。800Nm以上は鋼。
D2のクランプ・ハブ部;呼びトルク60Nmまでは、高張力アルミ合金。150Nm以上は、鋼。
エラストマインサートは、精密成形された耐磨耗性が高く、熱的にも安定したポリマー製。
組み立て: 軸とハブ内径部の組み付け前の隙間は、0.01mmから0.05mm。
キー溝: 位置も含めて応需。
MELS2
図面図面

安全クラッチ一体クランプ・タイプ

原点復帰型 (Wタイプ)

  • 過負荷が取り除かれた後、最初に切り離された位置に、自動的に復帰。
  • これは独自のノウハウによるもので、非常に小さな残留トルクの働きによるもの。
  • 近接センサーか、リミット・スイッチで、切り離しを検出。

原点非復帰型 (Dタイプ)

  • 過負荷を取り除くと、60度の位置で再連結(30度、45度、90度、120度は、オプション)。
  • 過負荷が取り除かれると、すぐに再稼動が可能。
  • 近接センサーかリミット・スイッチで切り離しを検出。

フリー・ホイール型 (Fタイプ)

  • 過負荷時には、駆動側と被動側が完全に切り離される。
  • 残留トルクはなく、自由に回転し速度を落とす。
  • 過負荷時には、センサーで信号を取り出すことが可能。
  • 復帰は、手動で行う。(復帰位置は、60度ごとで可能。)
  • 高速回転に最適。

*画像をクリックすると拡大表示されます。
静的ねじり剛性と動的ねじり剛性、最大偏心量のデータはMEL概要に表示
安全クラッチの呼びトルクは、必要な切り離しトルクよりも、大きくなければなりません。MSKシリーズPDFカタログ「最高回転数min-1をご覧下さい。

取り付け方法
図面

取り付け: 軸端からカップリングを定めた位置まで挿入し、トルクレンチを使って定められた締め付け管理トルクでキャップ・スクリュを締め付けてください。
警告: MELS2タイプのキャップスクリュのサイズは、安全クラッチ側とカップリング側とで、異なっています。締め付け管理トルクを守ってください。
取り外し: キャップスクリュを緩めて、安全クラッチの側から取り外してください。
緊急停止: 駆動源の緊急停止のための移動リングで、緊急時の切り離し時の信号を近接センサーか、リミット・スイッチで取り出してください。
警告: 近接センサー、リミット・スイッチが100%間違いなく機能するか、組み立て時に確認し、その状態を記録しておいてください。

型式番号

mks

予告なく寸法・仕様を変更する場合があります。