MTLA-230タイプ

mj_type001mj_type001

※クリックで拡大

 

MTLA-230タイプ 寸法一覧

型式 外径 長さ スクリュ位置 トルク調整部
D1 D2 (+0.00-0.03)
D3
D4 全長
L1
L2 L3 L4 L5 L8 L9 L10 L11 B3
MTLA-230-AB 73.03 28.45 46.97 63.6 66.68 53.98 25.4 12.7 28.58 6.35 9.45 50.8 4.76

 

型式 外径 長さ
D1 D2 D4 D5 全長
La
リミッタ部
Lt
カップリング部
Lc
L8 スクリュ位置
L12
MTLA-230-C 73.03 28.45 63.6 57 120 41.3 77.8 6.35 8
MTLA-230-D 73.03 28.45 63.6 57 120 41.3 77.8 6.35 8

MTLA-230タイプ内径及び穴深さ一覧

型式 内径及び穴深さ
標準内径時 最大内径時
B1 L6 B2 L7 B1 L6 B2 L7
MTLA-230-AB 12 36 12 30 20 36 26 25

 

型式 内径及び穴深さ
リミッタ側 カップリング側(MJ/MJC-57)
最小~最大
B1
穴深さ
L6
最小~最大
B4
穴深さ
L13
MTLA-230-C 12~20 36 12~30 28.4
MTLA-230-D 12~20 36 12~30 28.4

※B1,B2,B4の標準内径以外は、受注生産にて応需

MTLA-230タイプ 仕様一覧

※クリックで拡大

※設定トルクに対して実際のリリーストルクは、±10%以内に収まります。
(ならし運転後、20℃の環境温度の場合)
※最大許容表面温度は、150℃です。
※イナーシャ及び質量は、最大内径製品の数値です。
※設定許容トルク範囲はトルク・リミッタにおいて設定できる数値を表しております。
C/Dタイプにはオルダム・カップリングの MJ/MJC-57 を使用しているため、
伝達トルクにつきましては、下記サービスファクター表をご確認の上、安全をもってご選定願います

サービスファクター
負荷が一定の場合 1.0
負荷の変動がある場合 2.0
衝撃負荷がある場合 3.0
繰返しの衝撃負荷がある場合 4.0
サーボ・モーターの場合 2.5~3.0

MTLA-230タイプ型式表示

MTLA-230-【AB/C/D】-【中空軸側内径】×【ハウジング/カップリング側内径】
例)MTLA-230-D-14x25

MTLA-230タイプ詳細

MTLA-230タイプの更に詳細な技術情報に関しては、製品カタログをご参照ください。