MCTシリーズ

MCTシリーズ
MCTシリーズ関連資料はPDFカタログでご覧頂けます。
     
       

特 長

MCTシリーズ/テレスコピック・ユニバーサル・ジョイントは、MCシリーズを基本に、中間軸がオス・メスの角材での嵌合で形造られたタイプです。トルクを伝達しながら同時に、軸方向の伸縮を吸収する機能と、機器の保守の時に駆動側と被動側とを簡単に取り外すことができる機構を持っています。

MCTタイプ

  • 軽量で手軽な軸方向伸縮吸収機構
  • バックラッシュあり(1~2度)
  • 内径φ3~φ10
  • トルク0.36~1.60Nm


用 途

  • リモート・コントロール
  • 遠距離での同期駆動
  • ロール駆動
  • エンコーダへの位相伝達
  • タコ・ジェネレーターへの回転数伝達

構造及び材質

部分 材質
ヨーク ポリアセタール樹脂
クロス・スパイダー 快削黄銅(一体削り出し)
メタル・インサート 快削黄銅(セットスクリュ付き)
テレスコピック機構部 黄鋼合金

構造および材質はMCシリーズ/ユニバーサル・ジョイントがベースで、これをテレスコピック機構(大小の角材での嵌合)でつないだものです。テレスコピック機構部は、黄銅合金製の角パイプの中に、黄銅合金製の角実軸を差し込んだものです。ユニバーサル・ジョイント部はゼロ・バックラッシュですが、テレスコピック機構部には2度程度のバックラッシュがありますのでご注意ください。

型式表示(注文)の仕方

MCT-V-【外径】-【内径】-【長さ】

例)MCT-V-9-5-300

「長さ」はV寸法を表します。全長寸法ではないため、ご注文の際はご注意ください。