page top

セットスクリュ/クランプ/大型内径セットスクリュ/大型クランプ



    ML/MLL/MLC/MLXC タイプ

    寸法図

    • 図面をクリック(タップ)すると拡大できます

    寸法表

    • 表をクリック(タップ)すると拡大できます

    仕様表

    • 表をクリック(タップ)すると拡大できます
    • 下部サービスファクタ―表をご確認のうえ「使用する機械のトルク」×「サービスファクター」の数値を上回る許容トルクを有するカップリングを選定して下さい (十分な安全係数を持って選定していただき、許容トルクの数値以下でご使用下さい)
    • シャフト間の絶縁破壊電圧は、5度以下での使用の時の数値です
    • ML/MLLタイプは、セットスクリュ、MLCタイプはキャップスクリュを使用 材質12.9が標準ですが、ご要望によりA2-70(ステンレス)のスクリュもご用意しております
    • イナーシャ及び質量は、最大内径製品の数値です

    サービスファクタ―

    負荷 補正係数 β
    負荷が一定の場合 1.0
    負荷の始動、停止がある場合 2.0
    反転負荷がある場合 2.0
    衝撃負荷がある場合 3.0
    衝撃負荷と反転負荷がある場合 4.0
    サーボ・モータの場合 2.5~3.0
    温度 補正係数 α
    -20〜30℃ 1.0
    30〜40℃ 1.3
    40〜60℃ 1.4
    60〜80℃ 2.0

    軸穴径表

    軸穴径
    d1,d2
    [mm]
    十字形 カップリング
    ML MLL MLC MLXC
    18 27 41 18 27 33 41 18 27 33 41 70
    軸穴
    未加工
    ハブ
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    22
    ○:対応
    • インチ径や表内にない特殊な軸穴径についてはご相談ください

    型式表記

    1 異なるタイプの組み合わせ製品時の軸穴径記載順

       セットスクリュとクランプではセットスクリュを先に記載する
        例:d1(MX)×d2(MXC)

    2 ミリとインチ・整数と小数での軸穴径記載順

       ① ミリを先に記載する
        例:d1(ミリ)×d2(インチ)
       ② 数値の大小に関係なく整数の数値を先に記載する
        例:d1(整数)×d2(小数)

    3 上記以外の軸穴径記載順

       上記以外の軸穴径は数値の小さいものを先に記載する
        例:d1(小)×d2(大)
    • 表をクリック(タップ)すると拡大できます

    MLタイプ詳細

    MLタイプの更に詳細な技術情報に関しては、製品カタログをご参照ください。