page top

分離アダプタテーパーロック



    MBK6タイプ

    MBK6タイプ ベローズ・カップリング

    特 長 軸方向の分離が可能で、ゼロ・バックラッシュ
    筐体組み付けに最適、組み立て/分解が容易
    予圧取り付けで分割/結合部も磨耗がない
    電気絶縁/断熱
    テーパーロック・ハブで信頼性が非常に高い
    材 質 SUS製ベローズ
    ハブはすべて鋼製
    テーパー部分:ガラス繊維入りFRPを、鋼製テーパー部分に吹きつけ(瞬時最大許容トルクの1.5倍の密着強度)
    仕 様 ハブは、軸方向キャップスクリュ6個により外側締め付けリング締結、3個の抜き取りジャッキ・スクリュ
    環境温度 -30~+100度
    回転速度 1万回転(10,000min-1)までは、通常は動バランス取り不要で、1万回転を超える場合は動バランス取り応需
    寿 命 心ずれ/負荷トルクが許容値以下の場合、半永久寿命
    バックラッシュ ゼロ
    瞬間最大許容トルク 呼びトルクの1.5倍(サーボ・モータ起動時)
    組み立て 軸とハブ内径部の組み付け前の隙間は、0.01~0.05mm
    スペシャル仕様 クランプ部の残留アンバランスは、予めハブにバランス取り加工済みで極小
    SUS製ハブ/内径およびその公差/キー溝など、打ち合わせ可能
    MBK6 図面
    分離アダプタ テーパーロック・タイプ

    ※クリックで拡大



    • 10-3Kgm2= 1/1,000Kgm2,KNm/rad = 1,000Nm/rad
    MBK5/MBK6の予圧機構とその機構

    軸方向への押し込みによる予圧機構は、筐体組み付けのような限られたスペースしかない用途での分解や
    保守の場合に最適で、軸方向に駆動側を簡単に取り外すことができます。

    自動調心作用をもつテーパー状の6つの突起②が、分離アダプタ部に一体になっています。
    この突起部分は、アルミ合金ハブのテーパー形状部分①に成形され、軸方向に押し込んだり、抜き取ったりできるようになっています③。
    この凸部にかみ合う凹形状の組み合わせ部とベローズが一体になった本体側のハブが、凸部の受け口となります。

    ゼロ・バックラッシュ機構は、凸部が凹部と接触した後、規定の量⑤だけ凸部、
    つまりアダプタ部分をカップリング本体に軸方向に押し込むことによって、確保されます。
    押し込む量は、わずかでしかも自動調心作用がありますので、偏心や偏角の吸収効果、
    あるいは軸受けといった周辺機器に影響を及ぼすことはありません。
    PDFカタログもご参照下さい。

    プラスチック成形体について
    65%ガラス繊維入りのFRPで、この機構にふさわしい強度バランスが保たれています。

    型式番号について