page top

記事一覧

オルダムカップリングの正しい取り付け方法を紹介します

マイティのMJシリーズはシンプルな3点構造にマイティ独自の技術でゼロバックラッシを実現した使い勝手の良いオルダムカップリングです。MJシリーズが持つポテンシャルを最大限引き出す、正しい取り付け方法を図解で解説いたします。


目次【オルダムカップリング MJシリーズの取り付け方法】

目次をクリックすることで目的の項目までスキップします。


ハブの「軸穴形状」で決まる2つの取り付け方法

オルダムカップリング MJシリーズにはハブの軸穴形状に2つ「止まり穴ハブ」「貫通穴ハブ」の違いがあります。

「止まり穴ハブ」の場合、トルクディスクの交換時に駆動機もしくは被動機のどちらかを動かさなければなりません。
一方「貫通穴ハブ」の場合、貫通穴トルクディスクと合わせてご使用いただくことで「駆動機」「被動機」を移動させることなくカップリングの取り付けを行うことができ、省スペース化を実現することができます。ただし「貫通穴ハブ」は製品サイズによって標準在庫として取り扱いがなく、追加工対応となる場合がありますので、詳しくは下記「標準ハブ内径と「止まり穴ハブ」「貫通穴ハブ」一覧表」をご確認ください。

オルダムカップリング MJシリーズ 標準ハブ内径「止まり穴/貫通穴ハブ」一覧表


「止まり穴ハブ」の取り付け方法

「止まり穴ハブ」の取り付け方法はオルダムカップリング取り付けの基本となります。

① 駆動機・被動機の位置・ミスアライメントの調整

駆動機と被動機のミスアライメントを規定内に収まるように組み立て時の位置を定めておきます。

注:表に示された許容偏心・許容偏角・許容エンドプレイは、それぞれ独立した許容量です。3つのミスアライメント割合の合計が100%以下になるように心だしを行ってください。パーセンテージの計算にはこちらのExcel計算表をダウンロードしてご利用ください。

② 軸寸法の確認

「止まり穴ハブ」では、軸方向の位置決め加工は不要です。(「貫通穴ハブ」では必要です)
軸の長さは穴深さ(L2)より少し長い状態(+α)とします。
軸挿入量は、スクリュ位置(L3)の最低2倍(L3×2)必要です。

③ ハブの仮止め

それぞれの軸をカップリングの奥まで差し込み、付属のスクリュで軸に仮止めをします。
締め付けすぎないようご注意ください。

④ 固定(重い)軸側へのトルクディスク取り付け

すきまゲージを1枚、固定(重い)軸側のハブ爪先端につけて、トルクディスクの凹みに挟み込むように取り付けます。

⑤ 移動(軽い)軸側へのトルクディスク取り付け

更にすきまゲージを1枚、移動(軽い)軸側のハブ爪先端につけた状態で組み付けます。

⑥ 固定(重い)軸側と移動(軽い)軸側の組み付け

すきまゲージが2枚ついた状態のまま続く作業を行います。

⑦ 移動(軽い)軸側の締結

移動(軽い)軸側のハブを規定トルクで締め付け固定します。

⑧ カップリング位置の調整

締め付けした軽い軸側のハブを手で持ち回転させる。この時トルクディスクと共にカップリング全体を連れ回りさせます。
一回転以上連れ回しさせることによって、カップリングは偏心・偏角に対して最適な位置に自然と収まります。

⑨ すきまゲージの除去

ハブの軸方向位置を変えないように注意しながら、2箇所すべてのすきまゲージ抜きます。
この時ゲージが抜けない場合は、仮止めした固定側のスクリュを少し緩めてから作業を行ってください。

⑩ 固定(重い)軸側の締結

固定(重い)軸側のハブを規定トルクで締め付け固定します。

⑪ ミスアライメントの再確認

偏心・偏角量を再度計測し規定以内であることを確認します。
稼働から30分程度経過後、規定の締め付けトルクでスクリュの増し締めを行ってください。

⑫ トルクディスクの交換

注:MJシリーズは、ゼロバックラッシが大きな特徴です。
回転方向に遊びが発生した場合は、トルクディスクの交換時期です。
トルクディスクの交換はハブを軸から外すことなく交換することができます。

トルクディスクの交換にあたっては、駆動機もしくは被動機の一方(通常被動機)を移動させることで交換が可能です。


「貫通穴ハブ」の取り付け方法

「貫通穴ハブ」を選択することで、「止まり穴ハブ」と比較して駆動軸と被動軸の間を短くすることができ省スペース化を実現できます。
また、軸がX方向移動のみに対応している場合にも貫通穴ハブ(トルクディスクも貫通穴タイプ)にすることで、取り付けを行うことができます。
これからご紹介する取り付け方法は、貫通穴ハブと貫通穴トルクディスクにおける取り付け方法です。

① 駆動機・被動機の位置・ミスアライメントの調整

駆動機と被動機のミスアライメントを規定内に収まるように組み立て時の位置を定めておきます。

注:表に示された許容偏心・許容偏角・許容エンドプレイは、それぞれ独立した許容量です。3つのミスアライメント割合の合計が100%以下になるように心だしを行ってください。パーセンテージの計算にはこちらのExcel計算表をダウンロードしてご利用ください。

② 軸方向の位置決め

貫通穴ハブでは止まり穴ハブと異なり、軸への挿入量を任意に決定しなければならず、トルクディスクの交換を踏まえた軸長が必要です。
トルクディスクの交換時、機器を移動せず、ハブの軸方向スライドによって作業するには、軸の挿入可能な長さをLH+αにする必要があります。また、軸移動が縦(X)方向の場合、LH+LG+αが必要です。
L2がLGよりも小さい-33、-118のハブを使用し軸内径がLIよりも小さい場合、軸を移動することなくハブの交換が可能です。

貫通穴ハブでは軸方向位置決め加工として段付軸にする場合もあります。

③ ハブの仮取り付け

移動(軽い)軸側へ貫通穴ハブを軸の奥まで差し込み取り付け付属のスクリュで仮止めを行います。次に固定(重い)軸側へ貫通穴ハブをこちらも軸の奥まで差し込み取り付け付属のスクリュで仮止めを行います。どちらも後ほど調整を行うのでスクリュを強く締めすぎないようご注意ください。

④ 移動(軽い)軸側へのトルクディスク取り付け

移動(軽い)軸側へトルクディスクを取り付けます。この時、ハブの爪とトルクディスクの間に軸を挟んで両側から2枚のすきまゲージを挟み込みます。

⑤ 移動(軽い)軸の移動

移動(軽い)軸側を所定の位置まで移動させ固定します。

⑥ 固定(重い)軸側へのトルクディスク取り付け

固定(重い)軸側のハブの爪とトルクディスクの間に軸を挟んで両側から2枚のすきまゲージを差し込みます。その後移動(軽い)軸側のハブとトルクディスクを一緒に軸方向に移動させ、2枚のすきまゲージをトルクディスクと固定(重い)軸側のハブの爪とで挟みます。

⑦ 移動(軽い)軸側の締結

移動(軽い)軸側のハブを規定トルクで締め付け固定します。

⑧ カップリング位置の調整

締め付けした軽い軸側のハブを手で持ち回転させる。この時トルクディスクと共にカップリング全体を連れ回りさせます。
一回転以上連れ回しさせることによって、カップリングは偏心・偏角に対して最適な位置に自然と収まります。

⑨ すきまゲージの除去

ハブの軸方向位置を変えないように注意しながら、4箇所すべてのすきまゲージ抜きます。
この時ゲージが抜けない場合は、仮止めした固定側のスクリュを少し緩めてから作業を行ってください。

⑩ 固定(重い)軸側の締結

固定(重い)軸側のハブを規定トルクで締め付け固定します。

⑪ ミスアライメントの再確認

偏心・偏角量を再度計測し規定以内であることを確認します。
稼働から30分程度経過後、規定の締め付けトルクでスクリュの増し締めを行ってください。

⑫ トルクディスクの交換

回転方向に遊びが発生した場合は、トルクディスクの交換時期です。
トルクディスクの交換にあたっては、駆動機もしくは被動機の一方(通常被動機)を移動させることで交換が可能です。
ただし、駆動軸と被動軸の間がトルクディスクの厚みLG+αの長さがあれば、トルクディスクの交換をハブを軸から外すことなく交換できます。この場合、トルクディスクは貫通穴・止まり穴タイプのどちらでも取り替えが可能です。


トルクディスクが貫通穴の場合、移動(軽い)軸側のハブを軸方向にスライドさせるだけで、トルクディスクの交換が可能です。

トルクディスクが止まり穴の場合、固定(重い)軸側の軸長を長くしてハブの爪が干渉しない程度のLG長を確保することで、トルクディスクの交換が可能です。

2020年2月26日発売
『カーエンターテイメントマガジン GENROQ』No.410 4月号に広告を掲載しました。

エグゼブティブカーマガジンの『GENROQ』とカップリング界のエグゼグティブモデルを揃えるマイティのコラボ企画第二弾として『GENROQ』に弊社広告を掲載させていただきました。
今回は自動車にとって最も大切な「安全」をテーマに、ディズニーの取り組みを紹介しながら、マイティの安全について記事にしました。
機械要素でありながら仕上げ加工の美しさにも定評のあるマイティ製品を多くの皆様に知っていただき、安心と信頼がより一層高まることに繋がれば幸いです。

GENROQ』は全国の書店、amazonで購入が可能です。
ぜひ手にとってご覧ください。


東京ディズニーリゾートには、SCSEという行動基準がある。
SCSEは「安全(Safety)」「礼儀正しさ(Courtesy)」「ショー(Show)」「効率(Efficiency)」の4つの頭文字、これら重要な4つの行動基準には優先順位が設けられている。最初のS「安全(Safety)」は最優先され、ゲストへのおもてなしやエンターテイメント、スピードや効率は「安全」とトレードオフしてはならないことをキャストに徹底している。 エンターテイメントや効率、スピードを追求する中でともすれば、忘れてしまう「安全」をいつでも意識できるようディズニーではSCSEという行動基準を設けているのだ。
「安全」を最優先させる思想は私たちマイティの製品にもある安全クラッチ付きカップリングだ。安全を常に意識することは大切、しかし想定外のトラブルはある日突然起きる。そんなトラブルから大切な設備を守るのが安全クラッチの役割。人が常に安全意識を持ち続けていなくても設定範囲を超える異常なトルクが発生すると動力を遮断する、電力を必要としない機械式安全クラッチなのだ。
ディズニーもマイティも根底にあるのは「人」。人と人が安心して繋がる社会を目指し世界を繋ぐ 企業を繋ぐ 人を繋ぐ マイティはシャフト カップリングを通じて人々の「安全」に貢献している。

カップリングと安全クラッチを一体化した製品
ミスアライメントを吸収し動力を伝達
更に予期せぬ過負荷が発生した際には動力を遮断し周辺装置を保護する
最大250,000Nmまで対応可能

 


マイティの重工業向け安全クラッチ・カップリング

掲載製品に関するお問い合わせはお気軽にご相談ください。お客さまのニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

2020年2月20日発売
日刊工業新聞社発行雑誌『工場管理』2020 Vol.66 No.4 3月号に広告を掲載しました

『工場管理』は日刊工業新聞社が発行する経営者、管理者、監督者などの幅広い読者層を対象にした月刊誌で 実務的な改善の技法や生産システム、経営管理手法などを豊富な事例で紹介するのが特徴、毎月20日発売です。

 

内容紹介

【特集】いざという時に慌てない! 技術・技能伝承を日常化する仕組みづくり

技術・技能伝承は中小・大手ともに喫緊の課題だが、実践に向けた取組みは普段の業務に追われて後回しになりやすく、熟練者の退職や人事異動などが現実となって慌てるケースは少なくない。こうした事態に陥らないためには、技術・技能伝承を確実に行う仕組みを社内に構築し、普段から取り組む業務と捉えて進めていく必要がある。昨今注目される技術・技能伝承向けの新たなAI・IoT製品もこうした堅固な地盤の上でこそ有効なツールとなり得る。
特集では、技術・技能伝承に日常的に取り組むための仕組みのつくり方や具体的な伝承の進め方、さらには技術・技能伝承の核心ともいえる「暗黙知」の管理法について事例とともに紹介する。

出展:工場管理 2020年3月号

 

工場管理』は全国の書店、amazonで購入が可能です。
ぜひ手にとってご覧ください。

 


マイティの摩擦クラッチ・安全クラッチ


 

掲載製品に関するお問い合わせはお気軽にご相談ください。お客さまのニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

2019年12月26日発売
『カーエンターテイメントマガジン GENROQ』No.408 2月号に広告を掲載しました。

エグゼブティブカーマガジンの『GENROQ』とカップリング界のエグゼグティブモデルを揃えるマイティのコラボ企画第一弾として、『GENROQ』に弊社広告を掲載させていただきました。
機械要素でありながら仕上げ加工の美しさにも定評のあるマイティ製品を多くの皆様に知っていただき、安心と信頼がより一層高まることに繋がれば幸いです。

GENROQ』は全国の書店、amazonで購入が可能です。
ぜひ手にとってご覧ください。


シャフト・カップリングという機械部品をご存知だろうか?
車好きにとって「カップリング」と言えば、ビスカスカップリングなど4WDカップリングを思い浮かべる方も多いだろう。シャフト・カップリングはモータやエンジンなどの駆動軸を繋ぎ、動力を伝達する継手の総称。「カップリング」や「ジョイント」と呼ばれ、自動車はもちろん、航空機、鉄道車両、医療・建設・農業機器、再生エネルギー、半導体、iTデバイス、宇宙産業等あらゆる工業界の動力を、繋ぐことで支えてきた縁の下の力持ちだ。
マイティは、カップリング、クラッチ、ジョイントを専門に製造販売する創業47年のメーカー、その歴史は金属製ユニバーサル・ジョイントを米国大手企業へ大量に輸出したことに始まり、その後市場ニーズをいち早く汲んだ新製品と短納期を武器にカップリング専門メーカーとして幅広い分野で活躍する老舗企業だ。
そんな日本の開発力とドイツの技術力とが見事なコラボレーションを生み出した。マイティの重工業向けカップリングと安全クラッチだ。数々のエグゼグティブモデルやスーパースポーツカーを生み出してきたドイツのマイスターと日本の匠”世界を繋ぐ、企業を繋ぐ、人を繋ぐ”ものづくり大国が繋がることで新しい化学反応が生まれた瞬間だ。

カップリングと安全クラッチを一体化した製品
ミスアライメントを吸収し動力を伝達
更に予期せぬ過負荷が発生した際には動力を遮断し周辺装置を保護する
最大250,000Nmまで対応可能

 


マイティの重工業向け安全クラッチ・カップリング

掲載製品に関するお問い合わせはお気軽にご相談ください。お客さまのニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

カップリングにおけるバックラッシュとは?

バックラッシュ/Backlash(バックラッシと同意)とは、機械同士にはめ合いのある機械要素において、運動(回転)方向に意図して設けられた隙間もしくはガタつきのことです。
歯車では、バックラッシュが無ければ歯と歯が干渉してしまい、歯車を回すことができなくなります。一方、カップリングにおけるバックラッシュは、締結軸とハブのはめ合いにおける回転方向へのガタツキを意味します。このガタつきをなし、つまりゼロにすることを「ゼロバックラッシュ」と呼びます。正確な位置決め等、高い精度を必要とする場合、ゼロバックラッシュのカップリングを選定することが大切です。
※高精度な位置決めが必要な場合、バックラッシュに加え「動バランス」も重要です。


キー溝加工とバックラッシュについて
キー溝をつけると、バックラッシュが発生します。これを最小限にするため従来キー溝幅と軸とのすり合わせ作業が必要でした。マイティではこの作業を省略するためオルダムカップリングMJC(クランプ)タイプにおいて、クランプボルトと180度反対位置にキー溝を設けました。この機構により、面倒なすり合わせ作業が不要、ゼロバックラッシュとなりました。

キー溝に付けられたキーは、クランプ部のスクリュを締め付けることでキー側面方向に圧縮応力が働きます。この応力によってキー溝とキー間の回転方向への遊びがなくなりゼロバックラッシュとなります。
キー溝加工とゼロバックラッシュの両立を実現することができました。


マイティのオルダム・カップリングとトルクディスク

マイティが取り扱うオルダム・カップリングは高精度でゼロバックラッシュ。キー溝加工にも対応でき、お客様の細かなニーズに最短納期でお応え、お客様のニーズに合ったセミオーダーメイドが1点から可能です。

標準規格の製品が合わない

短納期で欲しい

他社で対応を断られてしまった

このようなお悩みがありましたら、ぜひ一度弊社までご相談ください。

本年残すところあと僅かとなりました。
皆様には格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
来る年も変わらぬ御愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

マイティのMJシリーズ これぞオルダム

特徴:

・予圧構造によるゼロ・バックラッシュ

・偏心・偏角を同時吸収

・面倒な精密な心合わせ不要

・広範なバリエーションで幅広い選択性

・電気絶縁性・非磁性・無給油

・トルクディスクの変更により様々な性能を選択可能

仕様:

・伝達トルク0.06〜400Nm

・対応内径 φ2〜φ65

・キー溝追加工応需

多彩なディスクが未来を切り開く

HOME

高トルク エラストマカップリング MELseries

マイティのエラストマカップリングMELシリーズはエラストマ(ジョータイプ)カップリングでありながら高トルクが特徴

1:ゼロ・バックラッシュ
2:振動減衰
3:電気/熱絶縁
4:軸方向からの押し込み組み付け
5:偏心/偏角/エンドプレーに柔軟に対応

昨今高速回転、高トルク化しているサーボモータに対してエラストマ(ジョー)カップリングの特徴である振動減衰を維持しながら高トルクにも対応しています。
サーボ・ドライブ、工作機械、梱包/包装機械、自動化機器、印刷機、産業用ロボット、計測/位置決め装置、スクリュ・ジャッキ/リニア・アクチュエータ/エンコーダ等幅広い分野でご利用いただくことができます。

マイティのエラストマ(ジョータイプ)カップリング

マイティが取り扱うエラストマ・カップリングはエラストマ(ジョータイプ)でありながら高いトルクを有しているのが特徴です。お客様の細かなニーズに合ったセミオーダーメイドが1点からご注文可能です。

標準規格の製品が合わない

短納期で欲しい

他社で対応を断られてしまった

このようなお悩みがありましたら、ぜひ一度弊社までご相談ください。

弊社では誠に勝手ながら、下記の期間を休業とさせていただきます。

何卒、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。


期間 2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

※2019年12月27(金)の出荷業務は、午前中までとさせていただきます。
※2020年1月6日(月)より平常業務となります。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、
2020年も変わらぬお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。

マイティ情報配信メール

2019/11/7 vol.17

日頃より弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

メルマガ配信チームのAOTEA🐑です。

先般の台風により、被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

皆さまの無事と一日も早い復旧をお祈りいたします。

 

厳しかった夏の日差しもなくなり、いつの間にか、天気はすっかり秋模様となりましたね。

秋といえば「食欲の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」などとよく言われますが、みなさんはどんな秋を満喫しますか??

この時期にしか味わえないことをたくさん楽しみましょう♡

 

メルマガに関するアンケートへのご協力もお願いいたします!

目次

1.  高汎用性ディスクパック・カップリング登場🎊
2.  こんな特注承ります ~ その2 ~

 

1.  高汎用性ディスクパック・カップリング登場🎊 MLPシリーズ

 

マイティでは、高回転速度・高剛性・高振動減衰など高品質で高信頼の製品をご提供しております。

今回はその技術とノウハウを生かし、汎用性の高いディスクパック・カップリングの販売を開始いたしました❕

 

剛性・高回転速度にはベローズ・カップリング

振動減衰にはエラストマ・カップリング

大きなミスアライメントにはオルダム・カップリングをお勧めしておりますが・・・・💦

 

今回販売を開始したディスクパック・カップリング汎用性が高く、とっても扱いやすいカップリングです。

シングル(偏角と軸方向移動を吸収)ダブル(さらに偏心を吸収)をお客様の用途によりご選択いただけます。

また、お求めやすい価格でご提供しております❕

もちろん、低価格と言っても高品質・高信頼性はマイティのポリシーとして譲れません!!

仕様をご確認いただき、ぜひご検討ください♡

 

2.  こんな特注承ります ~ その2 ~

 

 

特注製品をご紹介していくコーナー📣

 

今回はMJシリーズをピックアップしてご紹介します。

MJシリーズはマイティで一番人気の✨オルダム・カップリング

大きな偏心量を吸収することが可能で、目視でも取り付けることができます。

ハブ(両側金属部)とトルクディスク(中間体)の3点で構成されており、それぞれの材質を

変更することにより様々な特性が生まれます。

 

 

 

ハブをSUS304に変更      ➡ 耐腐食性 / 耐熱性

 

トルクディスクをPEEKに変更   ➡ 耐熱性(ポリエーテルエーテルケトン­­PEEK

 

トルクディスクをPIに変更     ➡ 高耐熱性(ポリイミド­PI

 

トルクディスクをUHPEに変更  ➡ 耐摩耗性(超高分子量ポリエチレン­UHPE

 

トルクディスクをナイロンに変更  ➡ 振動減衰性 

 

などなど、材質変更により新たな可能性が∞∞無限∞∞に広がります。

お客様のご相談からマイティはどんどん成長していきます💪🏻

 

今回のメルマガはお楽しみいただけましたか??

メルマガに関するアンケートへのご協力もお願いいたします!

それでは、次回のメルマガもお楽しみに♡

 

 

お問い合わせ

(株)マイティ 営業部   464-8691 名古屋市千種区今池1-29-13

Tel: 052-733-6614   Fax: 052-731-8292

E-mail:product@mighty-corp.co.jp    URL: https://mighty-corp.co.jp/

 

 

 

このメールは名刺交換やお問い合わせいただいた方、資料請求やカタログダウンロードされた方へ配信しております。配信停止ご希望の方は、タイトルに「メルマガ配信停止」とご記入の上、product@mighty-corp.co.jp へご連絡ください。当社の個人情報保護方針はコチラ

 

R+Wディスクパック・カップリングMLPシリーズの低トルクモデル
MLPCタイプとMLP3タイプを新たなラインナップとして追加しました。

エコノミーでありながら
ねじり剛性が高く、汎用性のあるゼロ・バックラッシュのディスクパック・カップリングです。


クランプ式MLPCタイプ


テーパーロック式MLP3タイプ

お問い合わせはマイティ営業部まで
電話: (052)733-6614
FAX: (052)731-8292

カップリングが果たす安全装置的な役割

エンジンやモータ等駆動軸と設備の被動軸を繋ぐカップリングには4つの大きな役割があります。

1:駆動軸と従動軸のミスアライメント(心ずれ)を許容する
2:モータの振動を吸収する
3:モータの熱が従動軸に繋がるのを防ぐ
4:モータや機械の破損を防止する

カップリングを用いる主な目的は駆動軸と従動軸を繋ぎ、ミスアライメントを吸収することにありますが、カップリングの種類によって振動吸収や熱伝道を和らげる効果を高めることができます。またカップリングには、何らかの問題によって想定範囲外のトルクがかかった場合、カップリング自体が破断することで、大切な駆動機や従動機を守るという副次的な役割があります。我々メーカーとしては、カップリングに対して「安全装置としての機能」を保証しておりません。しかし、副次的な役割としてカップリングは自ら破壊されることによって、お客様の大切な設備を守る役割を果たしております。
今回はオルダム・カップリングが持つ他のカップリングにはない「安全機能」について解説しようと思います。


カップリングは消耗品

一般的に、カップリングは消耗品です。カップリングを使用するにつれ摩耗し、使用限界を超えた時点で交換が必要です。
オルダム・カップリングは本体であるハブの間に樹脂もしくは金属のトルクディスクが入っており、スライドすることで偏心、偏角を許容します。
駆動軸の回転動力を従動軸のある設備へと伝える過程でトルクディスクは徐々に摩耗していきます。マイティのオルダム・カップリングは標準ではめ合い部分にポリアセタール樹脂製のトルクディスクを使用しています。このポリアセタール・トルクディスクが持つバネ性と圧入によってオルダム・カップリングでありながら、ゼロ・バックラッシュを実現しています。しかしながら、製品の使用過程でトルクディスクは摩耗していき、徐々にバックラッシュが発生するようになります。バックラッシュが発生した場合、トルクディスクを新しいものへ交換することで、再びゼロバックラッシュになります。
その意味でオルダム・カップリングはハブ部分が破損しない範囲で使用し続けることができます。

※カップリングの寿命は、耐摩耗寿命から見れば、精密な芯出しを行いミスアライメントを小さくするほど延ばすことができます。


マイティのオルダム・カップリングはハブを守る

マイティのオルダム・カップリングは独自のトルクディスク形状をしています。カップリングは先述したように万一想定範囲外のトルクがかかった場合、カップリング自体が破断することで、大切な駆動機や従動機を守るのですが、マイティのオルダム・カップリングは独自のトルクディスク形状によって破断後ハブを守ることができます。

こちらはオルダム・カップリングからトルクディスクを除いた写真です。マイティのオルダム・カップリングは左右のハブが離れているのでトルクディスク破断時にも左右のハブ同士がぶつかり干渉することはありません。ハブ本体が守られるのでトルクディスクを新しいものへ交換するだけですぐに設備を稼働させることが可能です。

こちらはエラストマ・カップリング。オルダム・カップリングと同様にハブ分離型のカップリングですが、こちらは想定以上のトルクがかかった場合、ハブの金属同士が衝突しますのでハブも破断してしまいます。エラストマを交換して再使用することはできません。

オルダム・カップリングはトルクディスクの交換によって再利用が可能とお伝えしましたが、ハブ部分も当然摩耗します。写真のようにハブ部分が摩耗してしまうと、十分にトルクを伝達することができません。トルクディスクを交換する前に必ずハブ部分を目視し摩耗の状態を確認してからトルクディスクを交換するようにしてください。

 


マイティのオルダム・カップリングとトルクディスク

マイティが取り扱うオルダム・カップリングは無垢の棒材から切削加工によって1つ1つ丁寧に製作しており、高い精度と剛性を有しております。お客様の細かなニーズに最短納期でお応え、豊富なラインナップを取り揃え、お客様のニーズに合ったセミオーダーメイドが1点から可能です。

標準規格の製品が合わない

短納期で欲しい

他社で対応を断られてしまった

このようなお悩みがありましたら、ぜひ一度弊社までご相談ください。

日刊工業新聞社新製品情報9月号の表紙はマイティです。
マイティでは精密分野製品で培った技術を活かし重工業向け製品の販売をしております。

お客様のきめ細かなニーズにお応えできるカスタマイズが魅力のマイティぜひ一度お問い合わせください。
お問い合わせはこちら

http://www.shinseihinjoho.jp/usr/detail_products.php?code=1190900101

http://www.shinseihinjoho.jp/usr/detail_products.php?code=1190900601

短納期対応が可能な精密機器用ベローズ・カップリングMBシリーズ

MBシリーズは、アルミ合金製ハブとステンレススチール製ベローズ部から成る高剛性ゼロバックラッシュのベローズ・カップリングです。
高速回転に対応(10,000RPM)で高速サーボモータ、パルスモータ、スキャナーや位置決め装置でのご利用に適しています。

偏心、偏角、軸方向変位に柔軟に対応し、セットスクリュ止めのMB型、クランプ止めのMBC型それぞれにミスアライメントの運動量に応じたマルチタイプ(M)、ショートタイプ(S)、ロングタイプ(L)の3タイプを用意しております。

許容できる偏角・偏心・軸方向移動が最も大きな汎用タイプ

 

ねじり剛性が最も高いタイプ(精密に芯だしされた二軸間でご使用ください)

 

トルク容量が最も大きいタイプ

 


材質

ハブ:高張力アルミ合金(A2011T3及びA2011T8)
ベローズ:ステンレス・スチール
接合部分:銅合金(C106)、熱処理・亜鉛メッキ後クロメート処理
スクリュ:12.9タイプ、黒染め

 


マイティの短納期ベローズカップリング

 


マイティのベローズ・カップリング

マイティが取り扱うベローズ・カップリングはお客様の細かなニーズに最短納期でお応え、豊富なラインナップを取り揃え、お客様のニーズに合ったセミオーダーメイドが1点から可能です。

標準規格の製品が合わない

短納期で欲しい

他社で対応を断られてしまった

このようなお悩みがありましたら、ぜひ一度弊社までご相談ください。

 

トルクディスクとは?

トルクディスクとは、オルダム・カップリングのハブにある突起を用いてハブとハブを繋ぐ中間部品のことです。JIS工業規格では「スライダ」と呼ばれメーカーによって「スライダー」「スペーサ」と言った呼び方をされています。

 


トルクディスクの形状

トルクディスクの形状には大きな分類として「止まり穴タイプ」と「貫通穴タイプ」の2種類があります。

止まり穴タイプ

「止まり穴タイプ」はハブへの軸の挿入量を常に一定にすることができます。マイティではお客様からのご指定がない場合、全てのオルダム・カップリングのトルクディスクを「止まり穴タイプ」で対応させていただいております。

 

貫通穴タイプ

「貫通穴タイプ」はハブを貫通穴にすることで取付け時に駆動機もしくは被動機を動かす必要がないため作業をスムーズに行うことができます。
一方、トルクディスク単体の総合的な強度は「止まり穴タイプ」に比べて低下します。また取付け時に軸挿入量を一定に調整する必要があります。

【ご注意点】
ご注文時お客様のご指定がない場合、トルクディスクは「ポリアセタール止まり穴タイプ」を取り付けて出荷いたします。特にオルダム・カップリング19L型、33型、41型、50型、57型、70型、88型、118型は標準でハブが貫通穴となっております。ご指定がなければ「ポリアセタール止まり穴タイプ」となるので注意が必要です。トルクディスク「貫通穴タイプ」のご指定方法は発注時の型式末尾に「-TB」をつけてください。19L型、33型、41型、50型、57型では「ポリアセタール貫通穴タイプ」にオプション追加料金なく無料で変更が可能です。70型、88型、118型に関しては追加オプションとして有料で「貫通穴タイプ」にすることが可能です。

ハブの止まり穴と貫通穴

 

ポリアセタール製トルクディスクの外径寸法別形状変化について

ポリアセタール製トルクディスクの形状は外径寸法によって差異があります。これは長年のお客様からのフィードバックから各径における最適なトルクディスク形状を追求した結果です。


トルクディスクの種類

マイティのトルクディスクには用途に合わせた6種類を用意しております。

 

● ポリアセタール(標準品:止まり穴)「-T」/ポリアセタール(標準品:貫通穴)「-T-TB」
マイティのオルダム・カップリングにはポリアセタール製のトルクディスクを標準仕様としています。
ポリアセタール(POM)は、ポリウレタンやナイロン、アクリルといった通常のプラスチックに比べて強度に優れ、耐熱性(ポリアセタール自体の耐熱温度は80から120℃)耐磨耗性が大幅に強化されています。剛性や靭性にも優れ自己潤滑性があり高い温度安定性を持つ機械的特性に優れる樹脂をエンジニアリング・プラスチックとよび熱可塑性プラスチックに分類されます。
樹脂としてのポリアセタールは白色ですがマイティのポリアセタールトルクディスクはナイロン樹脂製、ポリエーテルエーテルケトン製のトルクディスクと区別するため黒色をしており環境温度、最低-20°C、最高 80°Cでの使用が可能です。

◎ ナイロン樹脂(振動吸収性大:止まり穴)「-T-SA」
標準のポリアセタール製トルクディスクに対して振動吸収性を高めたのがナイロン樹脂トルクディスクです。ナイロン樹脂は光ファイバーのケーブルや防弾チョッキにも用いられ高い強度と靭性を有し駆動軸の振動を吸収することができます。一方で剛性や耐熱性においてポリアセタールに比べ劣ります。
マイティナイロン樹脂製トルクディスクは発注時にご希望していただくことでオプション追加料金なく無料で変更が可能です。
より高い振動吸収性をご要望の際はエラストマ・カップリングを選定ください。
注:加工時における温度コントロールに精密な技術を要するナイロン樹脂トルクディスクは成型時の収縮率の差異から微量のバックラッシュがあります。

● ポリエーテルエーテルケトン(耐熱性大:止まり穴)「-T-PEEK」
ポリエーテルエーテルケトン(Poly Ether Ether Ketone)は正式名称の大文字部分を抜き出して 「PEEK(ピーク)」 と呼ばれています。
PEEKはポリアセタールと同様にあらゆる面において高機能を発揮する熱可塑性樹脂のエンジニアリング・プラスチックの中、全てにおいて高い機能を発揮することからスーパー・エンジニアリング・プラスチックと呼ばれており非常に高価なことでも有名です。
あらゆる面でポリアセタールを凌ぐ特性を有しますが特に耐熱性に優れマイティトルクディスクとしては最高の環境温度280℃まで対応可能です。
注:80℃を超える高温化でカップリングを使用する際はトルクディスクをPEEKへ変更するだけではなく、ハブ材質もSUS材料に変更する必要があります。

◎ アルミ合金 ナイロン樹脂コーティング(高剛性:貫通穴)「-T-AJ」
アルミ合金製トルクディスクはトルクディスク部分を樹脂からアルミ合金にすることで、樹脂にはない高い剛性と強度を得ています。更にアルミ合金の表面にナイロン樹脂をコーティング、仕上げにハブとの接地面をマシニングセンタによる切削加工をして仕上げています。高剛性が求められる幅広い使用用途に対応したトルクディスクです。
注:微量のバックラッシュがあります。

◎ アルミ合金 潤滑メッキタイプ(高剛性:貫通穴/インデックス用)「-T-A」
ナイロン樹脂コーティングの代わりにアルミ合金の表面に0.1mmの潤滑メッキを施したトルクディスクです。ナイロン樹脂コーティングに比べて仕上げの切削加工の必要がないため安価に製造が可能です。一方でハブとトルクディスク間に0.02mm程の隙間が発生するためバックラッシュが発生します。そのため間欠運転を行うインデックスドライブ等の用途に適しています。

 


マイティのオルダム・カップリングとトルクディスク

マイティが取り扱うオルダム・カップリングはお客様の細かなニーズに最短納期でお応え、豊富なラインナップを取り揃え、お客様のニーズに合ったセミオーダーメイドが1点から可能です。

標準規格の製品が合わない

短納期で欲しい

他社で対応を断られてしまった

このようなお悩みがありましたら、ぜひ一度弊社までご相談ください。

カップリング専門メーカーとしての誇り

日本には数多くのカップリングメーカーがありますが、軸継手に特化しカップリングを取り扱う専門メーカーはマイティだけです。

軸と軸を繋ぐ軸継手は産業革命以来ずっと、動力を機械へ伝達し続けてきました。動力が蒸気機関からエンジンやモーターへと変わっても「動力を機械へと繋ぐ」役割を担うカップリングは無くなることなく動力伝達を影から支えてきたのです。

私たちマイティは一人ひとりのお客様の声を大切に拾い上げ「短納期」「高速回転」「特殊対応製品」に特化したカップリングをお届けしております。これらは「汎用品」「量産品」と対極に位置する製品であり、ユーザーであるお客様と共につくり上げてきたもの、そのひとつひとつの積み重ねが年輪のようにマイティのノウハウとして蓄積されています。

いざという時には身を呈し、自ら破壊されることで大切な機械を守るカップリング、主役である動力や機械を引き立て調整役に徹するカップリングのあり方そのものが、私たちカップリング専門メーカーマイティの指針であり誇りなのです。


お客様の声から生まれたマイティのオルダム・カップリング

エンジンやモータの駆動軸とそれをつなぐ機械の従動軸は「軸心」を一致させなければなりません。軸心を一致させカップリングを正しくセットしなければ、機械にブレや歪みが発生、動力伝達効率は著しく低下し、機械に大きな影響を及ぼします。

このような問題が発生しないよう、カップリングの取り付けには軸心を一致させる作業「心出し」が必要不可欠。中でも「精密な心出し」は機械の特性を熟知した技術者が行う時間のかかる作業でした。精度が必要であればあるほどレンジは狭くシビアな「心出し」が必要とされてきました。

「精密な心出し」の必要なく、熟練技術がなくてもカップリングの取り付けができるには、偏心と偏角そして軸方向移動の三方向へのミスアライメントに対して同時に対応することが必要でした。この三方向へのミスアライメントを同時吸収する製品としてオルダム・カップリングがありましたが、それまでのオルダム・カップリングにはバックラッシュがあり高い精度が求められる用途での使用には限界がありました。

「バックラッシュがなく熟練の技術がなくても取り付けられる高精度なオルダム・カップリングはないか?」

そんなお客様からの声から生まれたのがマイティのオルダム・カップリングMJシリーズです。


マイティのオルダム・カップリングMJシリーズ

マイティのオルダム・カップリング『MJシリーズ』は、偏心・偏角・軸方向移動の三方向へのミスアライメントを同時に吸収でき「精密な心出し」が不要、取り付けが容易です。2つのハブを「トルクディスク」でつないだシンプルな3点構造で、マイティの独自技術により高精度&ゼロ・バックラッシュを実現しました。

【特長】

 ■ ハブを丸棒から精密機械加工することで高精度&ゼロ・バックラッシュを実現
 ■ 最大偏心7mmと偏角1°を同時吸収して疲労破壊を防止
 ■ 軽度の軸方向移動にも対応し三方向へのミスアライメントを同時吸収
 ■ セットスクリュタイプ・クランプ止めタイプを用意、用途に合わせた豊富なラインナップ
 ■ キー溝追加工も可能 
 ■ 電気絶縁性、非磁性、無給油
 ■ 内径φ3~φ50
 ■ トルク0.06~400Nm


高精度オルダム・カップリングを短納期で

カップリング専門メーカーであるマイティのオルダム・カップリングは高精度&ゼロ・バックラッシュを実現するだけでなく短納期までも実現。豊富な在庫を取り揃え「Three Days Mighty」を合言葉に最短納期で対応しております。

標準規格の製品が合わない

短納期で欲しい

他社で対応を断られてしまった

このようなお悩みがありましたら、ぜひ一度弊社までご相談ください。


【2019/8/8 vol.16】
日頃より弊社製品をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。


こんにちは😎メルマガ配信チームのジェンです🎀
今日88日は立秋です。あと2日でお盆休み🎐🍉皆さんの夏休みは、どんな計画ですか?
夏はやはり花火大会や海水浴に行くベストの時期ですね🎇👘ちなみに、私はパパとママを連れてニューヨークに行きます!!
人生初のNY、子供の頃からずっと憧れてたTimes Square😍大人になったのでやっとパパとママに親孝行することができます。
今年の夏もまた猛暑になります。皆さんは楽しい夏を過ごすためにも体調を崩さないように気をつけてください~
メルマガに関するアンケートへのご協力もお願いいたします!


目次
1. こんな特注承ります ~ その1
2. MTLA-57SR動画のご紹介


1. こんな特注承ります ~ その1


 

特注製品の詳細を毎回連載📣
今回はMZシリーズをピックアップして、ご紹介します。
マイティのMZシリーズはオール金属製のユニバーサル・ジョイントです。
オール金属なのに、なんと ゼロ・バックラッシュ!!!!!!
ゼロバックラッシュなので、高精度な位置決めが可能で、寿命も永くご使用いただけます。
特注内容の一例
・サイズはそのままで伝達トルクを高めたい
・もっと温度域を高めたい、または下げたい
・真空レベルを上げたい
・内径の形状を変えたい
などなど、ご希望に1個からでもご相談承ります。
記載は一例ですので、どんな難題でもご遠慮なくご相談ください。

ご相談をよりスムーズにするお問い合わせシートも用意しておりますので、ぜひご活用ください。

 


2. MTLA-57SR動画のご紹介


MTLA-57SRはワンウェイタイプのトルク・リミッタです。

特長

  • 正転方向では自由な値でトルク・リミッタを作動させることが可能
  • 逆転方向に対してはリミッタ機能が作動しない
  • 標準製品MTLAと併せて使うと、正転時と逆転時で異なる値でトルク・リミッタを作動させることが可能

画像のリンクをクリックすると、動画を見ることができます。使用方法や構造についての情報がいっぱいですので、ぜひ見てくださいね🎬

 


今回のメルマガはお楽しみいただけましたか??
   

メルマガに関するアンケートへのご協力もお願いいたします!

それでは、次回のメルマガもお楽しみに♡


お問い合わせ
(株)マイティ 営業部 〒464-8691 名古屋市千種区今池1-29-13
Tel: 052-733-6614 Fax: 052-731-8292
E-mail:product@mighty-corp.co.jp

サービスファクタ(SF)とは?

カップリングには製品に応じた最大許容トルクが設定されています。最大許容トルクとはカップリングが軸を保持できるトルクの最大値のことで、製品毎に設定されています。この値を超えるトルクがかかると軸滑りが発生します。

実際にカップリングを使用する際、トルクは様々な使用条件によって変動することが多くその負荷の種類により、サービスファクタと呼ば れる係数を用いて使用条件に対応する最大許容トルクを算出します。

サービスファクタ(Service Factor)とは機械が受ける負荷(トルクや荷重など)について、基準となる状態を1とし条件に対する負荷係数を表すもので「安全率」とも呼ばれます。「SF2」とは、負荷に対する強度として通常の2倍の強度が必要という意味になります。

◾️カップリングの選定におけるサービスファクタ

 

最大許容トルクからカップリングの選定を行う場合、使用する機器のトルク×サービスファクタの値が最大許容トルクの数値内にある製品を選定してください。上表よりサービスファクタを決め、必要とする動力に乗じて設計動力を決定してください。

製品の最大トルクに関しては各製品ページの寸法・仕様一覧をご確認ください。


オルダム・カップリング寸法・仕様一覧

 


マイティのオルダム・カップリング

マイティが取り扱うオルダム・カップリングはお客様の細かなニーズに最短納期でお応え、豊富なラインナップを取り揃え、お客様のニーズに合ったセミオーダーメイドが1点から可能です。

標準規格の製品が合わない

短納期で欲しい

他社で対応を断られてしまった

このようなお悩みがありましたら、ぜひ一度弊社までご相談ください。