page top

FAQ(よくあるご質問)

他メーカーで断られた特殊なオーダーメイドでも対応できますか?

マイティではこれまで多くの特別仕様品を製作してきました。その中に他のメーカーにて対応を断られた製品もあり、弊社製品で解決しました。

NDAの関係上ご紹介できないものが多いのですが一例をホームページでご紹介しております。
マイティ スペシャル製品 重工業分野 R+W社 ベローズ・カップリング スペシャル製品
「できない」と諦めずぜひ一度弊社までご相談ください。
どうしても今日カップリングが必要なのですが購入できますか?

マイティ オルダム・カップリング MJシリーズはラインナップを豊富にストックし緊急出荷体制を整えております。

「Three Days Mighty」を合言葉に日本国内3日納期をお約束(物流条件による一部地域を除く)お客様のラインストップや災害時等緊急事態には当日出荷対応も承ります。またオルダム・カップリング以外でもストックのあるものに関しては当日出荷が可能です。 特急料金が発生しますが、バイク便やハンドキャリーも可能なので緊急時にはお電話にてご相談ください。

高速回転対応製品が欲しいのですがありますか?

はい、マイティには精密機器分野・重工業分野において使用条件に応じた高速回転製品を数多く取り揃えております。

マイティ取り扱い製品中、最も高速回転に対応するのはベローズ・カップリング「MKSタイプ」です。しかし高速回転でのご使用は、環境条件によって大きく左右します。 使用可否も含めた選定において、確認項目は多岐に渡り、それら漏れなく確認することで適切な製品をご紹介することができます。 ぜひ「お問い合わせシート」をダウンロードし使用条件記入のうえご活用ください。 最適なソリューションをご提案させていただきます。

マイティ製品は他社と比べて価格が高いのはなぜですか?

マイティ主要製品は安定した高精度を保証するため「棒材からの切削加工」にて製造されているためです。

一般的なカップリングは量産性の高い「鋳造加工」によって製造されています。鋳造加工で生産されたカップリングは低コストで生産できる反面、金属内部に気泡(ひけ巣)が発生する可能性があり精度管理が困難です。一方、高精度カップリングは棒材を旋盤やMC加工機にて削り出す「切削加工」によって製造されています。材料原価が高く加工時間のかかる「切削加工」は「鋳造加工」と比較して数倍から十倍ほどの価格差が生まれます。 詳しくはこちらを参照ください。

マイティが他のメーカーと異なる一番の強みは何ですか?

「短納期」「高速回転」「特殊対応製品」に特化したカップリングをお届けする日本で唯一のカップリング専門メーカーであることです。

無垢の棒材から切削加工で丁寧に造り出されたオルダム・カップリングを最長3日間の最短納期でお届けし、お客様の声に耳を傾けお客様のニーズに合わせたオーダーメイドカップリングを1つから対応する日本唯一のメーカーです。詳しくはこちらを参照ください。

「トルクディスク」とは何ですか?

トルクディスクとは、オルダム・カップリングのハブにある突起を用いてハブとハブを繋ぐ中間部品のことです。

JIS工業規格では「スライダ」と呼ばれています。メーカーによって「スライダー」「スペーサ」と言った呼び方をされており「トルクディスク」という名称はマイティ独自のものです。トルクディスクには標準品のポリアセタール製に加えて用途に合わせたラインナップを取り揃えております。詳しくはこちらを参照ください。

「トルクディスク」だけを購入することはできますか?

はい。トルクディスクは1つから注文が可能です。

マイティのオルダム・カップリングは想定外のトルクが発生することによりトルクディスクが破断した場合もハブ部分を守る設計となっております。トルクディスクを新しいものへ交換することで再使用することができます。ただし交換の際にはハブ部分に摩耗がないことを確認してからトルクディスクを交換ください。詳しくはこちらを参照ください。

オルダム・カップリングを注文したのですが、トルクディスクが貫通穴ではなく止まり穴タイプでした。なぜですか?

オルダム・カップリングのご注文において、お客様のご指定がない場合、トルクディスクは「ポリアセタール止まり穴タイプ」を取り付けて出荷いたします。

オルダム・カップリングのトルクディスク形状には「止まり穴タイプ」「貫通穴タイプ」の2種類があります。オルダム・カップリング19L型、33型、41型、50型、57型、70型、88型、118型は標準でハブが貫通穴となっております。しかしトルクディスクはご指定がなければ「ポリアセタール止まり穴タイプ」となるので注意が必要です。トルクディスク「貫通穴タイプ」のご指定方法は発注時の型式末尾に「-TB」をつけてください。19L型、33型、41型、50型、57型では「ポリアセタール貫通穴タイプ」にオプション追加料金なく無料で変更が可能です。詳しくはこちらを参照ください。

オルダム・カップリングMJ-57-13×13を注文したのですが依頼していないキー溝が付いていました、なぜですか?

オルダム・カップリングMJシリーズMJ50型、57型/MJC50型、57型は新JIS規格のキー溝付きが標準となっています。

MJシリーズの50型、57型の2機種に関してお客様からのキー溝加工のご依頼が多いことから、キー溝付きを標準とさせていただきました。キー溝加工が必要ない、丸穴での使用をご希望の際は、お手数ですがMJシリースの50型、57型の2機種に限り、発注時に「キー溝不要」もしくは「丸穴で」とご指示をお願いいたします。なお「旧JIS規格及び特殊な規格」でのキー溝が必要な場合も発注時にその旨をご指示ください。その他疑問やご質問は直接弊社までお問い合わせください。

注:キー溝加工の付いた製品にはバックラッシュが発生します。ただしMJC型クランプ止めタイプではすり割部分のキー溝を設け、クランプボルトを180度対局に位置させる特殊なキー溝を採用、クランプ部分のスクリュを締め付けることで、キー溝に圧力応力がかかりバックラッシュの発生を抑えることが可能です。

「動バランス」とはなんですか?

「釣合い良さ」と同義、カップリングの回転質量分布がどれだけ均等であるかを表したものです。

動バランス(釣合い良さ)は「G等級」で表され数値が低いほど高精度となります。 高速回転対応製品では動バランスをG6.3、最高精度をお求めの場合G2.5に調整して出荷することが可能です(動バランス調整における最高精度はG2.5です/一部対応できない製品もございます)動バランス調整に関してのご質問は直接弊社までお問い合わせください。

「サービスファクタ」とは何ですか?

サービスファクタ(Service Factor)とは機械が受ける負荷(トルクや荷重など)の係数を表す「安全率」のことです。

サービスファクタ(Service Factor)は最大トルク値からカップリングを選定する場合、その使用条件の厳しさによって与えられる係数のことで、軸の急停止や逆回転があると係数が高くなります。詳しくはこちらを参照ください。

「トルク・リミッタ」と「安全クラッチ」は何が違うのですか?

どちらも「トルク制限」をするための機能部品ですが、「安全クラッチ」は万一の安全装置としての意味合いが強くなります。

どちらも単体での使用はもちろん、カップリングと組み合わせて使用することができます。一体化した製品も数多くラインナップされています。マイティでは「乾式多板摩擦クラッチ」をトルク・リミッタ、「ボールソケット式」を安全クラッチと呼び区別しております。トルク制御とトルク制限の違いはこちらを、トルク・リミッタと安全クラッチの違いに関する詳細はこちらを参照ください。

製品にアスベストは使用されていませんか?

弊社は、創業から現在に到るまでアスベストを使用した製品は一切ございません。

マイティの環境方針に関してこちらを参照ください。あわせて「マイティ化学物質管理基準2018」「マイティ管理対象化学物質-別表1.2.3」もご参照ください。

RoHS対応していますか?

弊社は、RoHS2の制限物質を定めた2011/65/EUへの対応完了しております。証明書の発行はお問い合わせから申し込みください。

RoHSは2006年7月1日、EUによるRoHS指令が施行、2013年1月3日に改正(指令:2011/65/EU)されました。また、2015年6月にはEU官報((EU)2015/863)が公示され、2019年7月22日より規制物質に新たにフタル酸4物質が追加となり、これまでの6物質から10物質が規制されることになりました。弊社では、改正されたRoHS指令((EU)2015/863)の10物質に対して対応を進めております。現在全製品対応を完了しておりません。対応完了した製品から順次証明書を発行いたしますので証明書が必要な場合、お問い合わせください。