page top

R+W安全クラッチの
取り付けおよび、操作方法:MSKシリーズ
を公開しました!!

ダウンロードはこちら

 


各警告図記号は以下のような意味を表しています


製品を取り扱う際に注意すべき事項があることを示しています。指示内容をよく読み、製品を安全にご利用ください。

行ってはならない禁止事項があることを示しています。指示内容をよく読み、禁止されている事項は絶対に行わないでください。

必ず行っていただきたい指示事項があることを示しています。指示内容をよく読み、必ず実施してください。


安全にご利用いただくために


R+Wの安全クラッチをご使用の際には以下の取り付け、操作、メンテナンス手順をよくお読みください。手順の順守を怠った場合には、安全クラッチの能力が低下したり、故障したりする可能性があります。 安全クラッチの取り付けは、有資格技術者が行ってください。詳しい説明は、MSKシリーズのカタログを別途ご覧ください。

回転中の安全クラッチは、危険を伴います。機械製造者、使用者、またはオペレータの責任の元に、十分安全に配慮したうえで作業してください。安全クラッチが回転中は近づいたり触れたりしないでください。安全クラッチの取り付けやメンテナンスを行う際は、機械が不意に起動しないようにしてください。


メーカーによる本製品の位置づけ


機械指令2006/42/EG 別表IIB によると、マシン・ガイドライン(MR)では、カップリングは機械そのものではなく、機械に取り付けるための部品であると位置づけられています。カップリングを使用するには、取り付け後の最終形態がすべての条件を満たしていなければなりません。


お届け


R+W のカップリングは、お届け後すぐに取り付けることができます。 受入検査工程後からカップリングの取り付け準備が整うまでは、製品が梱包されていた箱に入れて保管してください。また、この取扱説明書は製品と一緒に保管してください。


機能一般


R+Wの安全クラッチは、ボールソケット式です。オーバートルクが発生した際、駆動側、被駆動側の機械部品を損傷から守ります。

■安全クラッチの周囲に配置されている、焼き入れされたベアリングボールとボールソケットにより、ゼロ・バックラッシュでトルクが伝達されます。

■皿バネが移動リングに押し当てられることで、ベアリングボールが隣接するソケットにはまっています。

■切り離しトルクは調整リングを回転させることにより、永久的に調整可能です。

■オーバートルクが発生した場合、移動リングはソケットを飛び出したボールの力で押し出された皿バネ側に移動します。これにより、安全クラッチの駆動側と被駆動側が切り離されます。

■移動リングが軸方向に移動したことを、別途設置されたリミット・スイッチまたは近接センサーで検出し、駆動側の電源を落とします。

この設計では切り離しが行われたとき、皿バネのバネ圧は、小さくなります。このときに残ったバネ圧は、安全クラッチが連結されるには不十分です。

回転数が低い状態でのみ再連結します。

図1


4つの切り離しタイプ


❶原点復帰型(W)/❷インデックス型(D)/❸負荷保持型(G

図2

オーバートルクが発生した場合、標準の❶原点復帰型(W)と❷インデックス型(D)では、バネが外れてボールがソケットから飛び出し、駆動側と被駆動側を切り離します。 ごくわずかなバネ圧が残るため、トルクが設定した切り離しトルク値よりも低くなると、安全クラッチは自動で再連結します(グラフ1)。

❸負荷保持型(G)では、移動リングが外れ、内部部品が一定の角度動きます。この場合も駆動側と被動側が切り離されることはありません。

回転数が低い状態でのみ再連結します。

グラフ1

❹フリーホイール型(F

図3

オーバートルクが検出されると皿バネは完全に反転し、移動リングにはバネ圧が残らない設計になっています。駆動側と被駆動側は完全に切り離されます

再連結は自動で行われないため、手動で行ってください(図3)。

フリーホイール型の再連結

図4(a)                                       (b)

R+Wの安全クラッチは、60°ごとの6か所で、小さな押し込み力(E,2)で再連結することができます。再連結位置の合いマークを合わせてください。呼びトルク60以下は手動で、60以上はレバーを2本使用して調整リングの凹部に差し込んでください。レバーの代わりにマイナスドライバーを使用することも可能です(図4b)。

再連結は回転が完全に停止している状態で行ってください。


取り付け準備


シャフト、内径、キー、キー溝などすべての取り付け面がきれいで、バリや傷、打痕がないことを確認してください。シャフト径、安全クラッチの内径、キーとキー溝を測定してください。R+W製カップリングの内径は特別なご指示がない限り全てISO公差H7で加工されています。シャフトとハブ内径とのクリアランスは0.010.05mmです。取り付け時には、潤滑油を塗布することをお勧めします。取り付けが容易になります。ハブのクランプ力に影響はありません。

摺動グリースや二硫化モリブデンまたは極圧剤を含んだオイルやグリースを絶対に使用しないでください。


MSK1 / MSKNタイプの取り付けと締め付け管理トルク *MSKPタイプはキー締結のためスクリュはありません。


表1

MSK1/MSKNタイプは取り付けた部品(タイミングベルト・プーリやスプロケットなど)を支持するために複列ベアリングを内蔵しています。

各サイズのラジアル方向からの許容懸架荷重(A)を確認してください(1)。最大許容値を超えると安全クラッチの性能に影響を及ぼす可能性があります。

OHLの中心位置(B)が許容範囲内の場合は、荷重は2列あるベアリングの軌道輪と軌道輪の間にかかります。この場合、外付けベアリングは必要ありません。OHLの中心位置(B)が許容範囲外(オフセット取り付け)の場合は、追加の支持ベアリングを使用してください。これは径が小さい場合や、取り付けた部品の幅が広い場合にお勧めします。

用途に応じて、ボールベアリング、ニードルベアリング、平軸受などが使用可能です。

図5

図6


MSKPタイプの取り付け・取り外し


図7

キー締結:MSKPタイプ

取り付け

安全クラッチを適切な位置までシャフト上にスライドさせます。エンドプレート⑧などを用いて、適切な位置に固定します(図6)。

 取り外し

エンドプレートを取り外し、適切な工具を用いて安全クラッチをスライドさせて取り外します。

シャフトの適切な挿入量については、各クラッチの取り付け長さ(軸挿入深さ、穴深さ)を順守してください。


MSK1タイプの取り付け・取り外し


図8

取り付け

安全クラッチを適切な位置までシャフト上にスライドさせます。トルクレンチを使用し、表1の締め付け管理トルクまでキャップ・スクリュ(P)を締め付けます。

取り外し

キャップ・スクリュ(P)を緩め、安全クラッチを取り外します。

シャフトの適切な挿入量については、各クラッチの取り付け長さ(軸挿入深さ、穴深さ)を順守してください。


MSKNタイプの取り付け・取り外し


図9

 取り付け

安全クラッチを適切な位置までシャフト上にスライドさせます。 トルクレンチを使用して、すべてのキャップ・スクリュを均等に表1の締め付け管理トルクまで、対角線上に締めます。作業中に、安全クラッチがテーパーブッシュ方向に向かってわずかに動く場合があります。

 

締め付け管理トルク以上に締め付けると、テーパーブッシュが破壊する恐れがあります。

 

取り外し

キャップ・スクリュ(N)を緩めてください。ジャッキ・スクリュをテーパー部のジャッキ用ネジ穴に3つ挿入して、テーパー部に均等な圧力をかけ、安全クラッチを取り外します。

 

再度取り付ける場合は、ジャッキ・スクリュが元の位置に戻っていることを確認してください。

シャフトの適切な挿入量については、各クラッチの取り付け長さ(軸挿入深さ、穴深さ)を順守してください。


MSK2タイプの取り付け・取り外し


図10

 取り付け

取り付けの前に、締結するシャフトが、安全クラッチの許容偏角・偏心を超えないようにしてください。このデータはカタログでご確認ください。まず安全クラッチを適切な位置まで1本目のシャフトにスライドさせます。次にトルクレンチで、キャップ・スクリュを表1の締め付け管理トルクまで締めてください。2本目のシャフトを安全クラッチのもう一方へ挿入します。締め付ける前に、軸方向の力がかかっていないことを確認してください。トルクレンチを使用し、表1の締め付け管理トルクまでキャップ・スクリュを締めてください。

取り外し

キャップ・スクリュを緩め、安全クラッチを取り外します。

シャフトの適切な挿入量については、各クラッチの取り付け長さ(軸挿入深さ、穴深さ)を順守してください。


MSK3タイプの取り付け・取り外し


図11

 取り付け

取り付けの前に、締結するシャフトが、安全クラッチの許容偏角・偏心を超えないようにしてください。このデータはカタログでご確認ください。まず安全クラッチを適切な位置まで1本目のシャフトにスライドさせます。次にトルクレンチを使用して、すべてのキャップ・スクリュが均等に表1の締め付け管理トルクになるように、対角線上に締めます。2本目も同様に締め付けます。

締め付け管理トルク以上に締め付けると、テーパーブッシュが破壊する恐れがあります。

取り外し

キャップ・スクリュを緩めます。テーパーロック部にあるジャッキ・スクリュを3つ用い、均等な力でテーパーブッシュを引き、安全クラッチを取り外します。

再度取り付ける場合は、ジャッキ・スクリュが元の位置に戻っていることを確認してください。

シャフトの適切な挿入量については、各クラッチの取り付け長さ(軸挿入深さ、穴深さ)を順守してください。


MSK2/MSK3/MSK5タイプの取り付け・取り外し


図12

 取り付け

取り付けの前に、組み付ける安全クラッチの全長を確認してください。圧入による締結方法を採用しているので、ゼロ・バックラッシュを確保するため、雌側・雄側それぞれの部品の間にプリテンション(C)が必要となります。まずベローズのある雌側半分を1つ目のシャフト端の適切な位置に取り付けます。 次にトルクレンチを使用してキャップ・スクリュを適切な締め付け管理トルクまで締め付けます。更に雄側をシャフトのもう一端に取り付けます。雌側・雄側の部品が一体となり、安全クラッチが表2のプリテンション(C)で押し付けられる位置にしなければなりません。適切な位置に調整し、キャップ・スクリュを適切な締め付け管理トルクまで締め付けます。

取り外し

安全クラッチを分離させます。キャップ・スクリュを緩め、シャフトから安全クラッチを取り外します。

 シャフトの適切な挿入量については、各クラッチの取り付け長さ(軸挿入深さ、穴深さ)を順守してください。


最大許容心ずれ量


図13

R+Wのベローズ・カップリングは、偏心、軸方向移動、偏角を同時に吸収します。R+Wの安全クラッチは、オーバートルクからの保護に加えて、金属ベローズとの組み合わせにより、偏心、軸方向移動、偏角を吸収します。 表2には、サイズ別の心ずれ最大許容値が示されています。

安全クラッチが最大限の寿命を全うし、適切な動作を確保するには、許容範囲内での使用を順守してください。

 

R+Wの金属ベローズ・カップリングは、正確な心出しをすれば、カップリングの耐用年数が大幅に延びます。偏心を小さくしたり、取り除いたりすると、ベアリングへのラジアル方向からの許容懸架荷重は少なくなり、寿命が延び、発熱が抑えられます。高速回転での使用時は、ダイヤルゲージなどを用いてカップリングの心出しを精密に行うことをお勧めします。

表2

 


切り離し検出機器


リミット・スイッチ(型番618.6740.644

表3                                                         図14

近接センサー(型番 650.2703.001)

表4                                                          図15

移動リング③の軸方向移動は、リミット・スイッチまたは近接センサーにより検出可能です。移動リングが移動する距離は表2に示しており、適切な検出装置を選択する上で重要です。図1314に示している(a)(b)の値を維持できる位置に検出装置を取り付けなければなりません。切り離し検出機器なしでMSKタイプの安全クラッチを使用することはできません。 回路が破損した場合は、設定された切り離しトルク値で適切に切り離しが行われたかどうかを、すぐに目視で確認する必要があります。調整リングの値を参考にしてください。

 切り離し検出機器は機械へ取り付ける前に必ず検査を行ってください。


切り離しトルク値設定


MSK2、MSK5はクランプハブの隙間が合いマークになります

R+Wの安全クラッチは工場でお客様指定の切り離しトルクを設定し、合いマークを付けて出荷します。トルク調整範囲(最小値/最大値)も調整リングに記されています。調整リングに示された範囲内であれば、お客様ご自身で切り離しトルク値を変更することができます。

 

トルク調整中も、トルク調整範囲を超えてはいけません。

図16

切り離しトルク値を調整するにはロッキング・スクリュ⑪を緩め、フックレンチを使用して調整リングを回転させ、新たな設定値に変更します。ロッキング・スクリュを締め、テストを行ってください。

R+Wの安全クラッチには特殊なバネ特性の皿バネが組み込まれています。最大値/最小値は順守してください。

図17

①調整リング③スチール移動リング⑪ロッキング・スクリュ⑫トルク調整範囲⑬合いマーク


メンテナンス


R+Wの安全クラッチは、適切に取り付けられ、最大許容心ずれ及びラジアル方向からの許容懸架荷重の範囲内で使用する場合は、メンテナンス不要です。内部の部品には、給油不要のグリースが使用されています。

 製品を分解すると保証の対象外となります。