MJシリーズ

branch

     
       

特 長

MJシリーズ/オルダム・カップリングは、2つのハブを中間体である『トルクディスク』でつないだシンプルな3点構造の中に、マイティ独自の技術力を結集してゼロ・バックラッシュを実現。
偏心と偏角を構造的に同時に吸収でき、精密な心合わせが不要で、使い勝手の良いシャフト・カップリングです。
セットスクリュ止めのMJタイプ、クランプ止めのMJCタイプ、更に大型ダブル・クランプ止めのMJXタイプの3タイプをご用意。ミニチュアサイズからビッグサイズ(内径φ2 ~φ65 )まで、高付加価値な機能部品として、サーボ系機器、制御装置、計測器などの精密分野で幅広く役立ちます。

MJタイプ

  • セットスクリュ止め
  • ゼロ・バックラッシュ
  • 最大偏心7mmの吸収
  • 内径φ2~φ30
  • トルク0.06Nm~37.5Nm
  • 50型、57型はキー溝付が標準

トルクディスク仕様

MJCタイプ

  • クランプ止め
  • ゼロ・バックラッシュ
  • 最大偏心7mmの吸収
  • 内径φ3~φ30
  • トルク1.7~37.5Nm
  • 50型、57型はキー溝付が標準

トルクディスク仕様

MJXタイプ

  • ダブル・クランプ止め
  • MJシリーズを大型化
  • ゼロ・バックラッシュ
  • 最大偏心10mmの吸収
  • 内径φ14~φ65
  • トルク117Nm~400Nm

トルクディスク仕様

MJシリ-ズ用トルクディスク

トルクディスクのご紹介







用 途

  • デジタル・サーボ機器
  • ロボット
  • XYテーブル
  • 計測器、測定装置
  • 電子機器、情報・通信装置
  • サーボ・モータ、ステッピング・モータ、レゾルバ、シンクロなど
  • レーダー、ソナー、魚群探知機
  • 精密機器、空調機器、環境装置

MJシリーズの型式表示(注文)の仕方

ハブ2個とトルクディスク1個の組合せで1セットの製品になります。

◎ 標準製品
【ハブタイプ名】-【ハブ外径】-【ハブ内径】×【ハブ内径】

例)MJC-50-16x16

・ハブ内径は、小→大、ミリ→インチの順で表示

◎ ハブタイプの組合せ製品
【ハブタイプ名①】×【ハブタイプ名②】-【ハブ外径】-【ハブ①内径】×【ハブ②内径】

例)MJxMJC-33-12x10

◎ 片側穴なしハブの製品
【ハブタイプ名】-【ハブ外径】-【ハブ内径】×HS

例)MJ-25-10xHS

・穴なしハブはHSと表示

◎ トルクディスク指定製品
【ハブタイプ名】-【ハブ外径】-【ハブ内径】×【ハブ内径】- 【トルクディスクタイプ】

例)MJC-33-10x12-TB

・トルクディスク型式から「-T」を除いた型式(トルクディスク詳細参照)


注1:ハブ単体〈片側1 個のみ〉及びトルクディスク単体のご注文も可能です。
注2:キー溝加工付製品の型式表示は、PDFカタログ内の関連資料を参照下さい。

選定・使用時のご注意

  1. カップリングの選定にあたっては、「使用する機器のトルク」×「サービスファクター」の数値を上回る最大許容トルクを有するカップリングを選定して下さい。(最大許容トルクの数値以下でご使用下さい。)
  2. スクリュは、材質12.9が標準ですが、ご要望によりA2-70(ステンレス)もご用意しております。
  3. イナーシャ及び質量は、最大内径製品の数値です。
  4. 使用時にはモータのエンドプレイ及び軸の熱膨張を吸収するため、トルクディスクとハブの間にそれぞれ0.05~0.2mm のすき間を設けて下さい。

サービスファクター
負荷が一定の場合 1.0
負荷の変動がある場合 2.0
衝撃負荷がある場合 3.0
繰返しの衝撃負荷がある場合 4.0
サーボ・モータの場合 2.5~3.0